余剰在庫の販売代行とは…

余剰在庫を有効な資産へ
製造メーカ様で余剰となった部品は、ある意味「使えない部品」のため、本来は損失として扱ってもよさそうですが、日本の税制では『資産』として扱われてしまい、それに税金まで取られてしまいます。

『泣きっ面に蜂』とは、まさにこのことです。
余剰となってしまった電子部品を処分するために、ただでさえ少ない粗利から、
税法上、償却予算まで組んで廃棄しなくてはならない。

まだ使える部品にも関わらず「産業廃棄物」にすること自体心苦しいのですが、
その上環境に厳しい昨今、『地球に優しくない』と社会から目の敵(かたき)に
されるのですから、立つ瀬がありません。

さらに、産廃業者に持っていってもらうのもお金がかかります。

「一山いくら」で引き受けてくれる『バッタ屋』と称される業者は以前からありましたが、タダ同然で引き取るのですから、元々の資産価値から考えると大損です。

弊社では、余剰となってしまった電子部品をタダ同然で引き取るのではなく、『資産』としてお扱いさせて頂き、お客様に代わって販売するお手伝いをさせて頂きます。

具体的には...
 お客様のお手元にある電子部品の『在庫リスト』を弊社がお預かりし、世界中に
ある複数の電子部品市場に弊社の名前で展開します。

つまり販売先は国内だけではありません、全世界となり一気に販路が広がります。

販売価格も、在庫元さまに決めて頂きます。中身がなんであれ『一箱いくら』で
引き取っていく『バッタ屋』と比較すれば、販売価格には雲泥の差が生まれます。

販売先が海外であっても、電子部品販売に関わるやり取りは、すべて弊社が代行
しますのでご安心下さい。在庫元さまは、出荷していただくだけです。

弊社へのコミッションを気にするお客様がいらっしゃいますが、販売先から頂戴
いたしますので、在庫元さまから頂くことはございません。

また海外に販売する際においても、弊社は国の定める輸出管理の法令を遵守して
おりますので、ご心配頂くことは一切ございません。

在庫バンクサービス
『在庫バンクサービス』とは、弊社がお客様の『在庫リスト』をお預かりし、お
客様に代わって、世界中に複数ある電子部品の市場に展開することです。

販売先は、世界中の商社やメーカとなります。
御社にとっては不要となってしまった電子部品でも、世界のどこかで必死になっ
て探している会社があるかもしれません。償却を決定する前に、しばらく弊社に
『在庫リスト』お預けしませんか?

あまり馴染みのないサービスのため躊躇されるかもしれませんが、ご安心くださ
い。在庫元さまのリスクは一切ございません。

○お客様のお名前は一切公表されません。

○販売した部品に万一不具合があった場合でも、ご返金頂くだけです。
 (解析をお願いすることもありません)

○価格や販売する数はお客様が決められます。
 (在庫のご登録数に変更があっても大丈夫です)

○販売先が海外でも、輸出に伴う面倒な作業は一切ありません。
 (輸出管理も万全です、ご安心下さい)



ご不安な点やご質問がありましたら、ご遠慮なくご連絡下さい。